読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突撃の冒険者(仮)

ブログ初心者による FF XIV のプレイ日記

【FFXIV】もぐもぐもぐたん

f:id:ragileon:20170330193613j:plain

来やがったかクポ・・・・

 

冒険者くせえヤツらクポーッ!!

 

善王さまに粛清されちまえクポー!!

 

 

 

遡ることおよそ一年ほど前。

「おかえり!エオルゼアにもう戻ってこないかと思ったクポ~」

FFXIVに復帰してきたラギをそう出迎えてくれたファイナルファンタジーのマスコットキャラの一つでもあるモーグリ

 

もふもふモコモコとってもキュートで、どちらかというといつもプレイヤー側だったモーグリ

 

そのモーグリが今、目の前でラギに向かって武器を構え、今にも襲い掛かろうとしている。

 

そしてそれを迎え撃つべく黒衣の森に集まったLS:チーム突撃の面々。

f:id:ragileon:20170330195106j:plain

「ぬいぐるみにして裁縫師ギルドに納品してやるわ」

 

「もふもふだけが取り柄のくせに、調子にのっちゃったわね。」

 

「ナスにしてやるっす!」

 

「まって、みんな落ち着いて、何か解決策があると思うの! 」

 

 

 

なぜだ・・・・。

なぜこんな事態になってしまったんだ。

 

俺はただ、Lv50コンテンツを開放したかっただけなのに!

 

トーリーを進めていただけなのに!!

 

理由を教えてくれモグた~~~~~~~ん!!!

 

 

黒衣の森でモーグリの家臣団と激しい戦闘を繰り広げる一団。

f:id:ragileon:20170522184733j:plain

 俺たちは、一体どこで進むべき道を誤ってしまったんだろう。

 

モーグリたちは、なぜこの道を選んだのだろう。

 

いくら頭を巡らせても出ない答えをさぐりつつ、否が応でも戦いは進んでいく。

 

冒険者どもめ~モグカーニバルでフルボッコにしてやるクポ~~~~!!

f:id:ragileon:20170522185613j:plain

怒りで過激になってはいても、繰り出す攻撃はあくまでファンシーなモーグリたち。

 

やべ~なんだこの緊張感の無いかわいらしい攻撃はw

 

しかし、これは各々の正義のぶつかり合い。

戦闘となれば情けをかけているとやられるのは自分になる。

ここは心を鬼にして戦わねば。

 

しばらくすると、劣勢だと見るやモーグリたちのもとへひときわ大きいモーグリが現れた。

 

王さま~~

善王さま~~~

 

善王モグル・モグXII世「家臣たちよ、ワルモノを裁くクポーッ!」

f:id:ragileon:20170522190436j:plain

ラギ 「でかい、これが・・・善・・王・・・?」

 

小柄な種族であるはずのモーグリ族の中でもひときわでかい。

そのサイズは冒険者であるラギ達を軽く超えるサイズ感だ。

 

抱き枕にして寝たら気持ちよさそうなもふもふ具合である。

 

「これは早急に裁縫師ギルドに納品ねっ!」

 

!?

 

だ、誰だ今思わず本音が漏れていたやつはっ!w

 

f:id:ragileon:20170522191011j:plain

「こ、このこのクポ~!」

 

やら

 

「痛いの飛んでいけクポ!」

 

やら、本人たちは必死だけどますます緊張感のなくなる戦場。

 

激しくなる戦闘のなか、一匹、また一匹と力尽きていくモーグリ家臣団たち。

f:id:ragileon:20170522191424j:plain

そしてついに、モグルモグ・・・・モグ?

なんだっけ?

 

もぐもぐもぐたんを討伐完了!

f:id:ragileon:20170522191601j:plain

 

 

 

 

な~~んて妄想をしつつ、蛮神(?)善王モグル・モグXII世討伐戦クリア。

f:id:ragileon:20170522191949j:plain

 

激闘の疲れから倒れこむヘルミンのもぐたん(意味深)に突撃するロッシ先輩とコアさんのララブラザーズ。

f:id:ragileon:20170522192552j:plain

 

 

善王さま~~~~こいつらワルモノクポ~~っ!w