読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突撃の冒険者(仮)

ブログ初心者による FF XIV のプレイ日記

突撃の冒険者の仮宿

 f:id:ragileon:20160609023117j:plain

 

現在、シルフの仮宿のクエスト進行中のラギ。

 

前回トトラクの千獄をクリアし、シルフ族の長ちゃま、スプーンおばさん・・・・じゃなくてフリクシオを無事救出。

  

f:id:ragileon:20160609011305j:plain

 

そして恒例のミンフィリアによる砂の家に呼び出しをくらい報告に行こうとしていたところ、ヒィラさんからFC(フリーカンパニー)メンバーと一緒にPTどうかとお誘いが。

 

行先はコンテンツルーレット!

 

コンテンツルーレットとは、CFから現在参加することができるダンジョン、ライトパーティ用討伐戦の中から参加先がランダムで決まるというもの。

 

なるほど、ランダムだからルーレットなわけね。

 

しかし、ヒィラさんの仲間はすでに高レベルな人ばかり。

 

わざわざLv30のラギが行けるところに合わせてくれてまで誘ってくれるとは、これは是非行かなくては!

 

ということで、コンテンツルーレット:レベリング Lv16に突撃してまいりました!

 

FF14ではFATEもIDも、どんなにキャラクターのレベルが高くてもそのコンテンツの適正Lv上限値にまで一時的にLvが引き落とされる。

 

その為、他のゲームであるような、低レベル帯の人を高レベルキャラがバッタバッタとモンスターを瞬殺して高速レベル上げ支援をすることができないようになっている。

 

そして、レベルが下げられることもあり、高レベルキャラの人も初期ダンジョンでもスリリングな戦いを体験することができるという仕様になっている。

 

当然、ドロップなんかはすでに無用の長物になっているだろうから、そういう物欲的な意味でのメリットは皆無だけど。

 

 

さて、選ばれた行先はというと

 

f:id:ragileon:20160609012138j:plain

 

これなら最近行ったばかりで、進め方も把握しているから大丈夫そうだ。

 

道中の雑魚を誘導してある程度まとめながら黒魔導士の範囲魔法でまとめて焼却処分!

 

一見豪快な戦闘に見えて、さすが皆ベテランなだけあって、危なげなく安定して進む。

 

なんちゃってヒーラーのラギでもなんとかなっている。

 

f:id:ragileon:20160609013405j:plain

 

黒魔導士やっぱりいいなぁ~

 

やはりラギは攻撃的魔法使いが好きだ。

 

雅やんと二人で進めやすいこともありヒーラーを先に育ててきたけど、どうにかなっているみたいだし、そろそろ本業の呪術師を育て始めようかな~

 

ヒーラーもやってみて楽しいからこっちはこっちで育てたいけどね。

 

ヒーラー、DPS両方できれば、IDでメンバーを募るときの選択肢が増やせるしね。

 

雅やんがタンカー、ラギがヒーラーだと募集対象がDPSオンリーになってしまい、DPS以外の人は興味を持ってくれても参加できないことになってしまうし。

 

ボスも、あっさりと討伐完了!

 

f:id:ragileon:20160609014603j:plain

 

なんという安定度。

 

突撃の冒険者とはエライ違いだ(笑)

 

ヒィラさんのFCメンバーの人も良い人達で楽しかった♪

 

PTに誘ってくれたお礼を言い、寝ようとしたところヒィラさんからTellが入る。

 

ヒィラさん「少しお話しできないかな?」

 

ラギ「いいよ~」

 

なんの話だろう?

 

ふとタタルさんの鼻歌が頭をよぎる。

 

わーたしーの こーころーも はーじ、蹴るのー
ベキッ! ドキッ! バキーン!

 

さっきの立ち回りなってないわよ!

 

と、お仕置きされるとか!?

 

いやいや、いつも温厚なヒィラさんに限ってそれは・・・・

 

それともまさか、夜の街中で愛の告白!?

 

f:id:ragileon:20160609020351j:plain

 

 

という冗談はさておき、どうやらラギと雅やんをヒィラさんのFCにスカウトしたいとのこと。

 

なんと、まだ戦力として貢献もできないような二人組をスカウトしたいとは。

 

どこを見込んでくれたんだろう、と気にはなる。

 

そしてもうひとつ気になることが。

 

まだ先にはなるだろうけど、ラギもいずれはFCを作ろうかと考えているところだった。

 

土台さえ整えることができそうならば、エオルゼアFC突撃の冒険者を作りたい。

 

一緒に仲間に迎え入れたいと誘ってくれることはすごく嬉しい。

 

仕事でも、プライベートでも、ゲーム内であっても人から評価してもらえるというのは嬉しいものだ。

 

ましてや、Lvが低く戦力にならない以上はキャラクターの性能というよりはラギと雅やんの中身を気に入ってくれたということだと思うので尚更嬉しい。

 

雅やんには事前に話をしてあるとのこと。

 

雅やんの意向としては、自分と一緒ならば入ると返事したらしい。

 

血盟『突撃の冒険者』の突撃隊長が判断をラギに委ねたということは、自分がとる道はひとつ。

 

ヒィラさんに正直な気持ちを伝えてみる。

 

ラギ「自分でもFCを作りたいと考えているので、一時的な居候という形になるかもしれないけどいいかな?」

 

エオルゼアの世界で一緒に楽しめる仲間ができるのは大歓迎だし、ヒィラさんのFCメンバー達と絆が築ければ、いずれFC突撃の冒険者を立ち上げた時としても、協力しあえる関係ができるかもしれない。

 

エンドコンテンツに近づくと、確か8人PTが3チームで挑むダンジョンとかあるらしい。

 

その時に、野良メンバーで挑戦するよりも知った仲間と挑む方がきっと楽しい。

 

ヒィラさんと話しをし、了承してもらえたので、LS TEAM-Totugekiのメンバー2名、ヒィラさんのFC Live Long & Prosperに暫くお邪魔することになりましたー!

 

ということで、Live Long & Prosperの皆さんよろしく!

 

まだネタはあるけど、長くなってしまったので一旦ここらへんで。